トップ  »  東京Webデザイナー日記リターンズ  »  diary  »  リアルタイムにIAの思考を追うライブIA(WebSig会議IA分科会に行ってきました001)

リアルタイムにIAの思考を追うライブIA(WebSig会議IA分科会に行ってきました001)


WebSig会議IA分科会「明日から実践できるIA Vol.3 ユーザー目的からユーザーフローを導き出す」に行ってきました。

第一部は、ネットイヤーグループ株式会社の坂本貴史さんの「本邦初公開リアルタイムにIAの思考を追うライブIA」でした。

これが、ほんっっとーに垂涎物の内容で、私は本当に行ってよかったです!

以下、坂本さんの作業過程をメモしますね。

お題「東京都のサイトを使いやすくする」

  1. 前提知識をつける
    • その業界でどのようなサイトが優秀とされているかを知る
    • 自治体サイトのランキングをチェック
    • 具体的には「自治体 ユーザビリティ ランキング」で検索し、出てきたランキングをチェック
  2. ランキングの歴史を遡る
    • 直近のランキングだけではなく、数回前まで遡る
    • 直近のランキングで上位だったのは「浜松市」、その前が「名古屋市」、その前は「新潟県」
    • 時間の経過とともに、評価されるサイトの内容の変遷をチェックする
    • まずは一番前に評価されていたサイト(この場合は新潟県)の特徴をチェック
    • 新潟県のサイトで面積が広いのは、ディレクトリサーチ的な部分
    • 名古屋市のサイトにはそれは無い
    • 浜松市のサイトには、ディレクトリサーチ的な部分はあるが、ラベルが変わった(より「タスク指向」的なラベルになっている(で合ってるかな?「〜するとき」というようなラベリングになっている)
    • 「自治体 ユーザビリティ 調査」でも検索
    • 柏崎市のサイトも良い例であることが分かる
  3. 自分の感覚に近いサイトを探す
    • 自分がしたいようにするほうがモチベーションが上がるので
    • 自分の中でお手本となる(教科書となる)サイトを決める
    • 現状のクライアントサイトを見てしまうと、そのサイトのルールを覚えてしまうので、あまり見ないこと
    • 優秀なサイトのルールを覚えること
  4. Webサイトの行動プロセスと実体験のプロセスを重ねる
    • 区役所に行く時を思い出す
    • 区役所に行ったら、カウンターに行くorフロアマップを見る
    • 手続きのプロセスを思い出す
    • 施設の使い方とWeb上の体験をオーバーラップする
    • 区民/都民である自分をサイトのターゲットとして考えてみる
    • あくまで仮説だが、仮説が必要
  5. ユーザのニーズを知るにはSNSなどをチェック
  6. 自分の行動プロセスを分析してみる
    • どういう時に、自分が区役所に立ち寄るか?
    • AIDMAの法則やAISASの法則を使う
    • 引越しの情報を区役所のサイトで得たいと仮定して、AIDMAの法則を使った場合。「A→(行動)場所を知る→(要件)アクセスマップ・地図」「I→(行動)引越しの手続きを見る→(要件)引越しの手続きの掲載」「D→(行動)手続きが簡単だと知る→(要件)簡単だと感じさせる工夫」「M→(行動)場所と行動を覚える→(要件)記憶できるツール(印刷とか)」「A→(行動)区役所に行く」
    • 例として出された自治体サイトに、アクセスマップへの分かりやすいリンクがなかった
  7. 行動のフローと情報構造は違う
    • フローの通りに情報構造を作るわけではない
    • 既存のサイトマップの構造をチェックする
    • 一番大きな見出しを抜き出して、情報の再整理をする。どこまで分解できるか?
    • 坂本さんは、グローバルナビゲーションを「お知らせ・行事」「くらし」「政治・施設」「その他」とした。
    • 柏崎市の「くらし」というラベリングは、切り口でしかない(ファセット分類?)
    • 準備すべきページは、「ホーム→アクセスマップ」「ホーム→手続き(引越し詳細のページ)→印刷」
    • グローバルナビゲーションの「手続き」をクリック→一覧の中に「引越しするには」がある→リンクをクリックして詳細ページへ。申請書のダウンロードやQ&Aも掲載
  8. その他注意点や指摘があったポイント
    • (やりたいことを探す際に)新着情報が結構邪魔
    • 目立つ場所にサイトマップへのリンクを置くよりも、アクセスマップへのリンクをおいたほうが良いのでは?
    • 関係者の視点で見ずに、(ユーザとしての)自分が使えるかどうか?疑問を感じないかどうか?
    • 調査ランキング一位のサイトデザインを信用しない(全てが良い訳ではない)
    • 作業の中で仮説が多いけれども、仮説がないとデータを貰っても設計できない

あー、今日は力つきたので、この辺ですみません。。。
明日「坂本さんのプロセスメモ」を完成させて、別エントリで「第二部での気づき」を書きます!
おやすみなさい!

ただいま編集中です。。。

2009年1月18日23:56に、とりあえず坂本さんの作業をメモしたものを書き出し終わりました。
この話題続きます。

使いやすい銀行サイトとは(WebSig会議IA分科会に行ってきました002)

[2009年1月18日]   はてなブックマーク - リアルタイムにIAの思考を追うライブIA(WebSig会議IA分科会に行ってきました001)

トラックバック(1)

IAとUIは表と裏(Flat And Tree)のトラックバック

(CC)infamecless 今日はWebSigのIA分科会に行ってきました...[2009年1月18日 02:44]

続きを読む»

このブログ記事に対するトラックバックURL

http://cremadesign.jp/mt401/mt/mt-tb.cgi/851

コメントする

このページの先頭へ

東京ナイロンガールズ

比較的人気の記事

crema design menu