ツイート

「いい音楽を日常に」がモットーのパーティオーガナイザー/DJ haraguchicと、サルサダンサー見習いcremaがお届けする、ラテン/ブラジルイベント「luz de la música(ルスデラムシカ)」第5弾。

昨年も大好評だった逗子のビーチハウス「Happy Go Lucky」にて、波と砂と音楽と戯れる夏の午後をお届けします。

最高な選曲を誇るDJ陣と美味なお酒をご用意して、砂浜でお待ちしております。

ひと夏のラテンな想い出を作りに、ふらりと逗子海岸にお立ち寄りください。

20:00のクローズ後には、逗子駅すぐ近くの商店街にできた「Happy Go Lucky」期間限定のポップアップショップにて、まったりアフターパーティも実施予定。夜が更けるまで良い音楽に身を浸しましょう。

Charge

Free + Drink fee

DJ

profiles

写真:Jin Nakahara

Jin Nakahara (J-WAVE「SAUDE! SAUDADE...」)

音楽・放送プロデューサー。10月で放送25周年を迎える「SAUDE! SAUDADE..」(J-WAVE/日曜17:00~)など音楽番組の制作/選曲、ブラジル音楽を中心にCDやライヴの企画制作、コンピレーションCDの選曲のほか、ライター/DJ/MC/カルチャーセンター講師としても活動。ブラジル渡航数は40回を越え、現地録音のプロデュースやコーディネートも手がけている。サンバ×J-POPグループ、カンタス村田とサンバマシーンズのエグゼクティヴ・プロデューサーもつとめる。http://blog.livedoor.jp/artenia/

写真:Takeshita

Takeshita (afrontier)

90年代にジャズで踊るカルチャーと出会い、LONDON, NYでのクラブ体験に触発され、青山BLUEをはじめとした都内クラブを中心に多数のイベントの企画及びDJ活動に精力的に取り組む。2003年からはMotion Blue yokohama(横浜)にてクラブジャズ・パーティー『afrontier』のレジデントDJとして参加し、現在まで活動を続けている。国内外のミュージシャン/DJとの共演歴も多く、afrontier参加後は全国区へと活動範囲を広げた。アフロキューバン、マンボ、デスカルガ、サルサ等のラテン音楽に特化しつつも、既存のダンスミュージックをバランス良く取り入れたDJプレイは、クラブシーンにおけるラテン音楽の可能性を貪欲に追い求めている。

写真:Sight

SIGHT (Martinica)

98年よりHIPHOPのDJとしてキャリアをスタートさせ、2枚使い、スクラッチを武器に都内数々のクラブイベントでキャリアを積む。SOUL、 FUNK、DISCO、JAZZ、LATIN、ROCK、BRASIL等、様々なジャンルのビートを自由自在にMIXするプレイスタイルは各所で評価が高く、ジャンルの幅を超えた独創的な2枚使いはフロアを熱狂させ続けている。2005年からラテンミュージックに目覚め、boogaloo、デスガルガ、サルサ、マンボやCUBA FUNKまで、新しいラテン音楽の可能性をフロアに提示している。現在、毎月第二金曜日 Martinica@新宿OTO、毎月第四金曜日 決戦は金曜日@渋谷BAR SAZANAMIにてレギュラーDJとして活躍中。

Access

BEACH HOUSE Happy Go Lucky
〒249-0007 神奈川県逗子市新宿2丁目 逗子海岸内 【Google Map

Happy Go Lucky

Contact

お問い合わせは、luzdelamusica【at】gmail.comまで。【at】を@に変えてご使用ください。

photo by ClareMarie